The Heart of Eternity 管理人、焔火 紅のブログ。 サイトの更新情報や、日常の事など。

焔火 紅のブログ

屋久島日記:一日目の②
さて、屋久島に着いたのはいいが……どうしようか?

とりあえず、行きたい場所は昨日大体決めたのですが足が無い。

それに、目の前に広がる土地は想像以上に広く、
とてもじゃないけど、本数の少ないバスや徒歩では回りきれません。

という事で、空港の近くにあったレンタカー屋に直行(笑)
手続きを済ませ、軽自動車を三日間レンタルしました(^^)

それにしても……暑い!!
これが、屋久島か……。暑さと強い陽射し……そして、大自然
随分と遠い所に来たなぁと実感。

車の冷房をMaxにして、走り出す。
信号の無い、何処までも続く道……
後は、音楽をかけられたら良かったのですが、MP3ウォークマンしか持ってきておらず、CDプレイヤーしか無い車では再生出来ず。

でも細かい事は気にせず、
まずは『白谷雲水峡』へ。此処は、深い森で『もののけの森』があります。といっても、屋久島は森だらけですが(笑)
雲水峡に着く前に、お茶とサングラスを購入。
サングラス持ってきとけば良かった(:_;)

雲水峡に着いたのは、午後三時ぐらい。
ガイドブックのコースタイムでは、往復3時間半とありましたが、
「俺だったら3時間は余裕で切れるだろう。」
と思い、登山靴ではなくサンダル(踵があって、歩いても脱げないもの)で水も持たずに雲水峡に入りました。
私は、高校の時登山部に所属しており、歩く事にかけては自信があります。
昔は北アルプスに、一週間滞在したりしてました。
この驕りを、後で少し後悔する事になるのですが…(泣)

さて、雲水峡に入ると……
屋久杉が多く、森も加工されておらず、とても清々しいです。
そして、野生の屋久鹿に何度も遭遇しました。
「あ~やっぱ自然はいいなぁ」
と思いながら、とりあえず太鼓岩とやらを目指しました。
途中、帰りの登山客に何度も遭遇し挨拶を交わしました。
そして、私がサンダルを履いていたのを驚かれました(汗)

鹿の写真↓
DSC00338.jpg


太鼓岩までの道程の途中に、もののけの森はあります。
しかし、その前に……
喉が渇いた……。そして、足にまめが出来ました。
水は、途中の水場の水を掌で掬って飲みました。
「やっぱり、水を持ってくれば良かったなぁ」
と水の有り難味を噛み締めました。

もののけの森↓
DSC00343.jpg


そして、太鼓岩に到着。
下を覗くと断崖絶壁。しかも、雨が降り出しました(汗)
DSC00346.jpg


森と絶景に感動しながらも……
足のまめが痛い!
仕方無く、私はリュックから靴下を出してサンダルなのに靴下を履きました(苦笑)
※登山靴は持っているのですが、重いので車に置き去り。

帰路、やはり水場で水を飲み時間が遅くなってきたので
早々と下山しました。

確か、2時間45分ぐらいで往復しました。

その後、旅館探しの旅へ(笑)
全てを昨日決めたので、宿泊先なんて当然決まってません。
レンタカー屋の人に、明日の行程を話して大体の宿泊地は決めましたが
初めての土地で、地図+ずっと昔のカーナビしか無い私は
「何とかなるやろ」
という軽い気持ちで、宿泊地まで行きました。

しかし、宿泊地(安房港付近)には旅館が沢山あって
何処に泊まるか迷いました。
そこで、
「やっぱ数日滞在して昼間は歩きまくるから、寝る所ぐらいは良い所がいいな」
と贅沢心で、ちょっと高そうな所に泊まる事にしました。
宿泊先は決定しましたが、着いたのが7時ぐらいだったので夕食がありません。
仕方無く、旅館の館長っぽい人に夕食を食べれる所を訊いてから
其処に行きました。

で、屋久島なのに私が食べたのは海の幸では無くステーキ。
これが滅茶苦茶美味しかった!
それと同じくらい、冷たい氷水が美味しかったです。
食べ物と水は、人間が生きて行く上でこんなにも大切な事なんだと
身をもって実感しました。

※特に、水はどれだけ大事かを次の日もその次の日も体感する事になる。

都会と違って、夜の空は真っ暗で何も見えません。
特に一日目は曇っていたので。
晴れた日は、星しか見えない筈ですが、そういえば私は屋久島で夜空を見るのを忘れてました(泣)
星を見る余裕も無いぐらい疲れていたという事です(笑)

そういえば旅館の大浴場で、仕事で出張に来ている
私と同じぐらいの歳の人と話しました。
旅先では、色々な人と知り合いになるので面白いですね。
| 屋久島 | 20:03 | コメント:0
屋久島日記:一日目の①
先日、7月24日~27日にかけて屋久島に行ってきました

書きたい事が沢山あるので、数回に分けて書いていこうと思います。

屋久島に行こうと思ったきっかけは、とある小説を読んで
「たまには都会の喧騒を離れて大自然に浸るのもいいだろうな」と思ったからです。
そして、誰も知り合いの居ない遠くの地へ一人旅は未経験だったので
憧れでもありました。

行く事を決めたのは、7月23日(前日)で、
その日は用意と交通網等の調査で大変でした(笑)
私は、思い立ったらすぐに行動に移す人間なので、たまに人に驚かれます。

24日は、朝7時に起床。
空港まで、電車とバスで移動。まずは、往復の航空券を購入しました。
そして、漫画雑誌と朝食も買いました。
漫画雑誌は、月曜にいつも買っているので、
例え屋久島に行くのであっても外す事は出来ません(汗)
朝食は、「たこ焼きとおにぎりが合体したような謎の食べ物」を食しました
思ったよりも美味しくて笑えました。

一人で飛行機に乗り、陸を離れると「旅が始まったんだ」と感慨深いものがあります。
また、飛行機に乗る時はいつもそうですが
「落ちたら絶対死ぬよな」
と思ってしまいます(笑)

鹿児島空港に到着し、屋久島への往復航空券を購入しましたが
往路の航空券は計画していた便の一本後になりました。
前々から綿密な計画を立てて、予約したりしていないので
これぐらいのアクシデントは仕方ありません。

そして、13時ぐらいに屋久島に到着

DSC00326.jpg


3泊4日の冒険?が始まりました
| 屋久島 | 00:03 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

焔火 紅

Author:焔火 紅
The Heart of Eternityで、小説・CGを担当
Twitterもやってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク